神社・お寺のイベントやご利益、縁結び、パワースポットを紹介しています♪

水戸八幡宮のご利益・安産や子授けの由来

茨城で安産祈願や子授けのご利益を
頂きたい人が集まってくる水戸八幡宮
その御利益の由来を調べてみました。

スポンサードリンク

 

水戸八幡宮のご利益は?

水戸八幡宮の御祭神は
・誉田別尊(ほんだわけのみこと)
・息長足日売尊(おきながたらしひめのみこと)
・姫大神(ひめのおおかみ)
なのですが
この息長足日売尊が
安産や子授けに関係してそうです。
してそうというのは
調べてみたんですけどその由来は
記載されていないんですね。

 

水戸八幡宮で紹介されているのは
主に子育て・諸難よけ守護
火から守る・・・
あとすべての神社に
言えることですが
縁結び
商売繁盛
夫婦円満
などの各種祈願を
受けて付けています。

 

ですが
安産祈願や縁結びなど、
ご利益がいただけると
広まった理由がどこかにあるはずです。

数多く調べてきましたが大抵は
その時代の変化とともに
人々の生活で神社に求められる
ご利益に変化があった。

御祭神の特徴から
特にその御利益が期待できる。
という理由が大きいみたいです。

 

息長足日売尊は神功皇后(じんぐうこうごう)

息長足日売尊は
神功皇后(ジングウコウゴウ)と言いまして
実際に存在した説と
存在しなかった説があり
さらに伝わっている話しは
多少違いがありますが
次のような話しがあります。

 

神のお告げで「新羅の国は、
そなたの胎内にいる御子が
治むべき国だ」という言葉を受け
三韓(朝鮮半島)に出陣して征服。
この時神功皇后は妊娠していたが
三個の石を腰に巻きつけ
腰を冷やして出産を遅らせました。
妊娠から出産まで15ヶ月目に、
筑紫に帰ってから、
福岡県宇美町で応神天皇を
産んだそうです。

a0070_000087

この三個の石は鎮懐石として
壱岐の本宮八幡神社
京都の月読神社、
福岡県の鎮懐石八幡宮
に奉納されています。

さらに出産後も、反乱を治め
国政を69年間とって
100歳まで生きたというから
凄まじいですね^^;

この話を聞く限り
栃木で安産祈願は水戸八幡宮!
と思ってしまいます。

 

水戸八幡宮初詣 時間は?

実は詳しくは紹介されてないんですね^^;
ただ、午前0時に年明けを迎えます。
こちらは境内社に天満天神宮が
祀らえていますから合格祈願も多いです。

安産・子宝もですが
厄除け
家内安全
商売繁昌などの
祈願祭が行われます。
正月三が日は
御本殿・御神木の大イチョウが
ライトアップされますよ。


茨城県水戸市八幡町8-54

また1月成人の日
午前11時30分からは
全国でもめずらしい
巫女のはねつき神事
邪気を祓う破魔弓神事が行われます^^

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


管理人

初めまして。しんし です。 癒やしを求め寺社巡りしてます。 このブログは観光の記録や 寺社で書かれている説明や 一般的な情報を元に 僕の独断と偏見で解釈した ご利益の考え方を書いています^^; 信仰や史料とは ズレていることもある 個人の考えですが ちょっとでも知っておくと お詣りする時にも 気持ちが入りますし 楽しみも増えますね^^ 気になった寺社は ぜひご自身で調べていくのも 面白いですよ!

カテゴリー

スポンサードリンク




こちらも読まれています