神社・お寺のイベントやご利益、縁結び、パワースポットを紹介しています♪

鳥森神社の癌封じお守りと不思議な空間

新橋の鳥森神社(からすもりじんじゃ)にお詣りしました。ビルの合間に位置する不思議な空間でした。鳥森神社のご利益や癌封じのお守りについてまとめました。決して広くはないこの土地に何故神社があるのでしょう。気になりますね。

 

鳥森神社のアクセス・飲み屋街の奥で分かり難い!

最初にいきなりアクセスのことですが、印象的だったものでちょっと地図で確認して下さい。はっきり言ってスマホのナビでもわかりにくい場所にありました。

鳥森神社は新橋駅からすぐ、3分です。しかし近くまでナビの案内で歩いても迷うかも知れませんね。お詣り予定がある人は気をつけて下さい^^;


この写真は道路側ですが、目の前まで行かないとわかりにくい。しかも新橋駅からだともっとわかりにくいです^^;参道らしき道は左右に飲み屋街が並んでいます。

まったく関係ありませんがすぐ近くに居酒屋で有名なの赤札屋があります。ジョッキチューハイ100円や甘エビの刺しが250円で提供されていていつも混雑しているみたいです。

すみません。おまたせしました。それではさっそく鳥森神社についてお話します。

 

鳥森神社のご利益と癌封じのお守り

御祭神は
倉稲魂命(うかのみたまのみこと・稲荷神)
天鈿女命・瓊々杵尊

 

伏見稲荷大社の主祭神である「うかのみたまのみこと」は別称稲荷神、そう、お稲荷さんです。古くから五穀豊穣や商売繁盛、家内安全や芸能の上達を求めて人々の願いを聞いてきました。

 

天鈿女命は(アメノウズメ)は「岩戸隠れ」の伝説などに登場する芸能の女神であり、日本最古の踊り子と言われています。瓊々杵尊(ニニギノミコト)は天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫です。

 

そして鳥森神社は縁起から必勝祈願の成就を祈願する人も多いです。

東国で平将門が乱を起こした時、
むかで退治で有名な鎮守将軍藤原秀郷(俵藤太)が、
武州のある稲荷に戦勝を祈願したところ、
白狐がやってきて白羽の矢を与えた。

その矢を持ってすみやかに東夷を鎮めることができたので、
秀郷はお礼に一社を勧請しようとしたところ、
夢に白狐が現れて、神鳥の群がる所が霊地だと告げた。

そこで桜田村の森まできたところ、
夢想のごとく烏が群がっていたので、そこに社頭を造営した。
それが、烏森稲荷の起こりである。 鳥森神社HPより引用

 

その流れからでしょうか?癌封じのお守りも病気に打ち勝つための意味合いもあるようです。

病気平癒のお守りは神社には大抵ありますが、病気に限定したお守りはめずらしいです。癌を封じ平癒、精神的に癌に打ち勝つよう祈願されたお守りです。

 

御朱印目当てで行列もあるが心を落ち着かせる場所でもある

御朱印と心願色みくじが人気の神社で土日は混雑することもあります。お詣りした時も御朱印の列ができていました。また心願色みくじのスペースががあってこれがまた可愛らしい部屋みたいなんですね^^

変わった場所に存在、特徴的な神社の外観、カラフルな御朱印、HP、お守り・みくじなどを目が引きますが、実はこの烏森神社、サラリーマンの方も訪れることが多いそうです。

何故かというと
出勤前の集中を高めるためや退勤後に疲れた心や高ぶりを落ち着かせるため、また場所柄、飲みすぎた後、気持ちを覚ますためwそうした時に立ち寄る人がいるそうです。

 

せわしない現代人が気持ちを切り替えるための場所でもあるんですね。何故ならば鳥森神社の周辺が縁起によれば霊地(霊験あらたかな土地)だからです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


管理人

初めまして。しんし です。 癒やしを求め寺社巡りしてます。 このブログは観光の記録や 寺社で書かれている説明や 一般的な情報を元に 僕の独断と偏見で解釈した ご利益の考え方を書いています^^; 信仰や史料とは ズレていることもある 個人の考えですが ちょっとでも知っておくと お詣りする時にも 気持ちが入りますし 楽しみも増えますね^^ 気になった寺社は ぜひご自身で調べていくのも 面白いですよ!

カテゴリー

スポンサードリンク