神社・お寺のイベントやご利益、縁結び、パワースポットを紹介しています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴虫寺の効果の違い 願いが叶う人はここに注目している

鈴虫寺は説法が面白い。お守りが効果がある
恋愛成就しました。と人気のお寺です。
効果があった人続出、確率は80%と言われています。
でも叶わない人もいるのです。
その違いを考えてみました。
京都府京都市西京区松室地家町31
正式名称「妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)」

スポンサードリンク

 

説法からわかる願いが叶う人の共通点

ひとつだけ願いが叶うお寺「鈴虫寺」
その説法の聞き方、感じ方で
願いが叶うか叶わないかが分かれてきそうです

【お願いの仕方】
本来は願いを叶えてもらうためにお寺に毎日通い続けるものです。
ですが、ここのお地蔵さんは願いを叶えにきてくれます。
鈴虫寺に訪れたら、お地蔵さんにあなたの所に来てもらうために
住所、名前を言ってお願いして下さい
願い事は具体的ではないとわかりません。

 

【心の持ち方】
お世話になったら「ありがとうございます」が普通ですね。
自分の努力も重要ですが、それを支えてくれた人達がいるはずです。
支えてくれた人達の感謝の気持ちをもつのが大切です。

 

【一願成就で覚悟を決める】
お願い事ってあれもこれもと、どうしても欲が出てしまいますが1つに絞りましょう。
人生をかけてやっておきたいこと
そこまで大げさでなくても目標を据えておくことが大切です。
・自分の中を整理していくこと
・覚悟を決めること

それには「一つお願いごとすること」によって覚悟が決まるのです。
それに向かってやっていくんだという覚悟を決めることが一番大事なのですね。

 

【お願いした後は】
一瞬一瞬を大切にその時その時いかに生きていくか
その時の状態によって生き方というのは変化していくものなので
目的、目標があるなら
それを今どうやって生きていくのかを考えることが大事です。

・・・・・・・・・・・・

説法の内容を聞いてみると
他力本願だけでなく自力も必要ということですね。

自力と他力(仏様)との一致
自分の覚悟と大いなる存在へのお願いと感謝

覚悟
一願
感謝

これらを実行する時に願いが叶っていることが多いようです。

 

鈴虫寺の説法の待ち時間。空いている時間帯は?

水樹奈々さんや山里亮太さんも参拝した鈴虫寺
山ちゃんは願い事が何度も叶っているので
何度も訪れ、お守りを返しにいっているそうです。

そんな芸能人にも人気な鈴虫寺は、
説法を聞きたい人で行列ができます。
休日やお盆、GWなどの連休では2時間待ちということも。
少しでも空いている時間帯に行きたい
となれば午前中がいいでしょう。

 

でも朝一。8時ぐらいじゃないと
車で訪れる人もいるので混んでしまうそうです。
電車だとアクセスが悪いのですが
やはりなるべく午前の早い時間がいいですね。
周囲には他に観光するものがないので
一番に行ってみるのがいいかも知れません。

説法の感想は
・タメになった
・おもしろかった
・同じ話しだった
・笑わそうという雰囲気がした(笑)
と人それぞれですが
説法を聞いたままで終わらすのではなく、どう自分に活かすかがキモです。

 

叶うのは恋愛成就・子宝・復縁・病気?

鈴虫寺のご利益、叶えられる願いとはどんなものが多いのでしょうか?

口コミでは恋愛成就が多いです。
理由はそれぞれですが個人的には
縁結び恋愛成就は自分の行動による影響が大きいから
だと思います。

 

こういうと仏様関係あるの?となりそうですが
自分ではどうにもできないことを仏様に間に入ってもらう
その効果により自分の行動も変化して
大きく実を結ぶ効果が現れている気がします。
そう考えると恋愛成就・復縁は効果が高そうです。
(あくまでも個人的な意見です^^;)
※恋の願いのみに特化したパワーストーン

子宝、病気に関しても、祈りや感謝の心を持つことによって自然治癒力が高まることが言われています。
自分の内面の変化が体にも影響されるのかも知れません。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


管理人

初めまして。しんし です。 癒やしを求め寺社巡りしてます。 このブログは観光の記録や 寺社で書かれている説明や 一般的な情報を元に 僕の独断と偏見で解釈した ご利益の考え方を書いています^^; 信仰や史料とは ズレていることもある 個人の考えですが ちょっとでも知っておくと お詣りする時にも 気持ちが入りますし 楽しみも増えますね^^ 気になった寺社は ぜひご自身で調べていくのも 面白いですよ!

カテゴリー

スポンサードリンク




こちらも読まれています